レコメンド&レポート

むむむ?っとする本

June 12, 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく耳にする「地域ブランディング」という言葉。地域ブランディングの本が何冊も出ていたり、私も興味のある言葉です。
そんな地域との活動の中から、面白いと思った本を一冊紹介したいと思います。

「むムm〜むらかみのごくごくふつうのくらしをならべてみました」

この本、なんの本に見えるでしょうか。 実は“ガイドブック” なんです。
見た目からでは、なかなか内容が想像できません。

この本のタイトルは、
「むムm〜むらかみのごくごくふつうのくらしをならべてみました」。

新潟県最北にあり、昔ながらの暮らしが息づく村上市。その暮らしを大学生が体当たり取材し、一冊にまとめた本です。観光ガイドブックに載っている表側とは違う、村上のふつうのくらしを知ってもらい、興味を持ってもらいたいという企画で作られたもの。長岡造形大学と村上市観光協会で立ち上げた「村上観光広域ブランディング・デザイン研究会」が制作し、村上市内などで実際に販売されています。

そして気になったのが特徴的なタイトルです。気になり理由を調べてみると、“この本を読んだ人が驚いた時の「むむむ!」疑問に思った時の「ムムム?」考える 時の「mmm。」といった、さまざまな唸り声を3 文字で表現している” のだとか。
この名前の由来に、私も思わず” むむむ! ” と唸りました。

「むムm〜むらかみのごくごくふつうのくらしをならべてみました」

「むムm〜むらかみのごくごくふつうのくらしをならべてみました」

手にとってめくってみると、絵で読むガイドブック、という印象です。
文字は少なめで、やさしい水彩のイラストで村上市の食べ物や、暮らしぶりが紹介されています。私が特にお気に入りなのが、マンホールのイラストです。こんなに多くの種類があることに驚きました。

学生が地域との繋がりを深めながら制作に取り組んできた様子を、Facebookから少しだけ見ることができました。イラストや本が完成するまでには試行錯誤がたくさんあったようです。同大学で制作の過程のラフなどが展示も行われていたようですが、残念ながら私は見に行くことができませんでした。物がどうできていくのか、その思考を少し覗けるようでラフスケッチなどを見るのが好きです。なので、とても惜しいことをしたと思っています…。

学生が制作したこのガイドブック。もし、実際の企業が地域と共に作るとしたら難しい企画だったのではないでしょうか。私が地域側だったらと考えると、実際の写真を載せたい、あのお店の紹介をしたい、もっと文字を増やして…そんな要望が多々出てくると思いました。しかし学生ならではの自由さで、そんなあたりまえを覆してチャレンジをしているところが、この本の面白いところだと思いました。今までになかった新しいものを作りたいという気持ちが伝わってくる、挑戦的なガイドブックです!私もチャレンジ精神を忘れず、これからの業務に取り組んでいきたいと思います。

学生と地域が共に作った、地域の魅力がたくさん詰まった本。これからもこのような取り組みが増え、発信されることに期待大です!

 

むムm の魅力・情報などはこちらから。
https://www.facebook.com/murakami.m3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

KAMIYAMA.K

デザイナー

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+