CATALOG LOVER’S

第12回 掲載内容を決めよう

August 9, 2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――スケジュール表はできたが、制作にかかるまでには、まだまだしなければならないことがある。
さて、ログ子がいま、とりかかるべき作業とは!?

博士:ログ子さん、前回のスケジュールの時に、「台割を作る」という話をしたかと思いますが、覚えていますか?

ログ子:えっと、本を作るときの設計図のようなもの、でしたよね。

博士:そうです。台割とは、何ページにどんな内容を入れるかがわかる一覧表のこと。これなくしてカタログを作ることは不可能!というほど大事なものです。

ログ子:でも、1,000ページものページの中身を全部割り振るなんて私には無理!!

博士:細かくページ配分を考えるのは、ログ子さんには無理ですよ。そこは、ベテランのカタログ制作者たちに任せればいいんです。

ログ子さんがしなければならないのは、掲載したい従来品、新製品のそれぞれのおおよその点数を把握すること。そして、それぞれの製品のウエートづけをすることですね。

ログ子:ウエート付け?

博士:そうです。たとえば、イチオシの新製品は、1ページまるまる使って紹介したい、とか、定番の従来品は、4分の1ページで紹介すれば十分、とか、製品ごとにどれだけのスペースを使いたいかを一覧にするのです。

商品点数と、それぞれのウエートがわかれば、商品紹介ページに何ページが必要かを割り出すことができ、目次や索引に必要なページ数の見当もつきます。これらは、カタログに絶対必要なページ数です。

絶対に必要なページ数がわかれば、総ページ数から差し引いて、特集やコラムなどにどれだけのページが使えるかもわかってきます。

ログ子:なるほど、なんだかパズルみたいですね。

博士:そうかもしれませんね。
掲載したい内容を、総ページ数内に、ぴったりおさめるのは至難のわざ。

台割なしに成りゆきで作ると、どんどんページが増えたり、大事な内容が抜けてしまったり、中途半端なページ数になったりしてしまいます。だから、台割を最初に作ることが大事なんですよ。

ログ子:総ページ数ってどうやって出すのですか?

博士:まず、商品点数と予算との兼ね合いで決まります。また、印刷物は、紙の大きさの都合で、たいてい4の倍数と決まっています(8の倍数、16の倍数が望ましい)。これらの要素で、総ページ数はおのずと決まってくるのです。

ログ子:なるほど!!!

博士:台割は、進捗管理をする時に便利です。全ページが一望できるので、どのページが仕上がったか、どのページはまだできていないかが、ひと目でわかるんです。

ログ子:台割ってすごいんですね! さっそく商品点数確認しなくっちゃ!!

次回に続く)

<今回のポイント>
・台割なしでカタログはできない!
・掲載したい商品点数を把握しよう
・製品のウエート付けをしよう
・ページの割り振りをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+