フリートーク

短期入院精密身体検査

July 1, 2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルは人間ドックのことです。
「人間ドック」というのは新聞が報じた際につけた名称で、もともとはこいう呼称だったそうです。

時期も時期なので健康診断をされた方も多いと思います。
私も先日、人間ドックに行ってきました。

「どこか悪いところはないか」を調べる訳だから、あらかじめ「準備」してはいけないんだろうな と思うのですが、ドック前には善玉コレステロール値を気にして(毎回低くて注意される)、カロリーの低いヨーグルトを流し込むように食べたりします。ヨーグルト苦手なんですけどね。
自分で何か数値を操れるっていうのはこれくらいなので悪あがきです。
でも、だいたいそれ以外の所に落とし穴があって、ブルーになっています。

胃のレントゲン といえばお約束のバリウムですが、処方される下剤の飲むタイミング・量(数)によって大変な目にあったことがある方もいらっしゃるのではありませんか?
私も結構苦戦する方なのでちょっと調べてみたのですが、下剤の量よりも水分量の方が重要で、とにかく 水  水 水 なのだそうです。
水分ならなんでもいいかというとそうでもないらしく、お茶などは利尿作用が強いので水の方が良いそうです。
そして、なんとバリウムはアルコールで固まってしまうそうなので(アルコールの分解に水分が取られてるから)不安な方はドック当日はお酒を控えた方が良さそうです。

未病 と呼ばれる発病前の段階での治療がとても大切だといいます。
1年に1回の人間ドック きちんと受診して、気になるところをメンテナンスして体を大切にしていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

TAKEUCHI.N

デザイナー

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+