フリートーク

あなたの「プチ非日常」は?

July 10, 2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの「プチ非日常」は何でしょうか。

去年の秋、突然「苗場山の縦走」をすることになりました。das.登山部への参加です。それから、知識や装備そして体力に自信が無い中で、楽しみながらいろいろと準備しました。

das.登山部の部長からの最初の指示は、新田次郎著「孤高の人」を読むこと。ここに山の魅力やリスクなど全て書いている、ということでした。山好きは一度は読んでいるそうで、この本を読んで山をはじめる人も多いとか。
なるほど、加藤文太郎をモデルにしたリアルな描写は面白く勉強になります。それと主人公のスタイル「単独行」のカッコ良さ、登山家はこういうスタイルに憧れるんでしょうね。

まずは学ぶ

短期間で学ぶために、まずは一人でやってみること=「単独行」がいいかも、ということで一番簡単で安心な山「高尾山」を一人歩きすることにしました。
最初は「高尾~陣馬縦走」18km。奥高尾の中では人通りも多く、道も整備されているコースです。それでも初体験、終わってみるとちょっとした達成感がありました。その後、高尾山はトレーニングの場として何度も訪れました。

  • 高尾~陣馬縦走(初めての一人歩き)
  • 南高尾山稜一周(マイナーなコースにチャレンジ)
  • 奥高尾一周(相模湖からスタート)
  • 大雪の奥高山(軽アイゼンの練習)
  • 北高尾山稜縦走1(一番キツイ北高尾山稜にチャレンジ)
  • 北高尾山稜縦走2(一番キツイ北高尾山稜にチャレンジその2
  • 高尾~陣馬縦走2(マイナーなコースをつないで)

同じコースはできるだけ歩かないようにルートを考えるのも面白いものです。気がつけば総距離100km以上!奥高尾山域のほぼ全コースを歩いており「プチ非日常」にすっかりハマってます。
観光地の高尾山より先は、人とすれ違うことがどんどん少なくなり、山中を一人歩きする時間がかなり多くなります。この没入感&孤独感が一番の「プチ非日常」かも知れません。


道具を揃えるのもまた楽し。

das.登山部

das.登山部としては、谷川岳、金時山、奥多摩、丹沢山と、隔月で山行しています。金時山は深夜登山、丹沢山は山小屋1泊で30kmを縦走しました。
いずれも山頂でのご来光、そして富士山の絶景と、こちらは一人では味わえない「プチ非日常」を堪能しています。

「御殿場の夜景」~金時山の山腹から

「赤富士」~金時山の山頂から

「日出とスカイツリー」~丹沢山の山頂から

「富士と月」~丹沢山の山頂から

チームになると、ちょっと気持ちも大きくなってしまいがちで「次は北アルプスに!」と盛り上がってます。とはいえ、危険は避けるあくまで「プチ非日常」型なのですが

「プチ非日常」はストレス解消にもいいですね。山だけでなくいろいろありそうです。もうひとつ「プチ非日常」を増やす、という気持ちも大切にしたいと思います。皆さんもぜひ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

SUGAWARA.S

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+