フリートーク

遊びじゃない。交流です。

September 24, 2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、趣味はゲームです。
最近はオンラインでマルチプレイができるゲームを嗜んでおります。
マルチプレイとは、ネットワーク上で繋がった不特定多数のプレイヤーと対戦もしくは共闘するプレイのことですね。
みなさん良くご存じだとは思いますが。

その中に、FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)というジャンルがあります。
要は一人称視点でのウォーサバイバルゲームです。
マシンガンや手榴弾を持ち、世界中のプレイヤーと共に戦場を駆け回り、敵の殲滅もしくは拠点の占領を目指すわけです。
これが非常に面白い。なんというか世界相手だと、大陸ごとの民族性がもろに感じられるのですよ。

まず、一兵士となって戦場へ赴くわけですが、自キャラの兵種が数種から選択できます。
ゲームによって違いはあるのですが、大まかに分類すると、

  • 突撃兵:ショットガンやアサルトライフルなど、近距離戦を想定した前線のエキスパート
  • 工 兵:ロケットランチャーや地雷、ヘビーマシンガンによる中距離支援
  • 狙撃兵:スナイパーライフルによる狙撃が仕事。頭にあたれば一撃必殺のヘッドショット。

と、まあこんな感じです。

私は主に「日本サーバ」「北アメリカサーバ」「欧州サーバ」でプレイしてでいます。
例えば、「北アメリカサーバ」だと、アメリカはもちろんカナダ、メキシコなどの方々とプレイするわけですが、もうみんな、攻める攻める!サッカーで言えば全員FW。お祭り状態です(笑
戦略的な要素もありますので、戦場の中で守らなければいけないポイントがあるのですが、みなさんそのポイントそっちのけで前線に走って行きます。
そんな状況で、しょうがなく私がそのポイントを守っていると味方から不意にメッセージが飛んできます。
「GO! GO!」だそうです。お前も突撃しろ!ということですね。
全然知らないメキシコ人からでした。

また、逆に「日本サーバ」はとても静かです。
静かすぎて「あれ?誰もいないのか?」と思い、不意に動くとどこからともなく弾丸が飛んできます。
そう、狙撃兵率が異様に高いですね。まるで全員がゴルゴ13じゃないかと思うほどです。
シーンとしたフィールドのなか、ちょっと動くと狙撃されるので、隠れながら慎重に移動します。
北アメリカサーバが「お祭り」なら、こちらは「かくれんぼ」ですね。違うゲームをしているようです。

「欧州サーバ」はまた変わってまして、なんというか言い方は悪いですが“変態”が多いです。
1人で突撃してきて異様に強かったり、自陣深くで、どこからともなく現れナイフで襲いかかってきたりと予測できない動きをしますね。
地雷の置き方一つにしてもどことなくアーティスティックというか「何故そんなところに!?」というところに巧妙に設置してあります。
ただ、残念なのは天才肌が多いのか、自チームが負けそうになると早々に諦める人が多いのです。

ちなみに私は今、カナダのチームに所属しています。やはり北アメリカサーバが一番面白いですね。
勝っても負けてもみんなで「AHAHAHAー」と笑っています。
この前、バンクーバー在住らしい、14歳の少年に「やるじゃん!」と褒められました。私37歳です。(ゲーム上は年齢不詳)
この年になって新たなコミュニケーションの輪が広がり、世の中進化しているなとしみじみ感じます。
皆さんともいつかどこかの戦場で会えたら良いですね。

 

ちなみに、最近は機体を娘に占領され中々趣味に興じることもできません><


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

TASHIMA.Y

クリエイティブディレクター

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+