フリートーク

通勤は良い音で音楽を 〜イヤホン編〜

October 17, 2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを読んでる皆さんは毎日のように通勤や通学をしていると思いますが、通勤中はどのように過ごしていますか?

ゲームをする、寝る、動画を見る、LINEでやり取りなど、いろいろあると思いますが、私は音楽を聴いています。

1時間以上電車に乗って通勤(往復2時間以上)している私にとって、この「電車の中で音楽を聴く」ことは重要な行為です。
このブログでは私の「電車の中で音楽を聞く」ためのポータブルオーディオ環境について語りたいと思います。

ポータブルで良い音を聴くためには4つの要素があります。
・プレイヤー
・音源
・ポータブルアンプ
・イヤホン/ヘッドホン
(更にこだわるとそれぞれの機材間の接続ケーブルもありますが、マニアック過ぎるので割愛します。)

初回(?)の今回はイヤホン/ヘッドホンについて語ります。

イヤホン/ヘッドホンは先に挙げた4つの要素の最終的な音の出口になるし、体に直接接触するので非常に重要です。

イヤホン/ヘッドホンは数百円の物から数十万円の物まで様々です。
音質、フィット感、携帯性、デザインなど様々な選択肢がありますが、電車の中で聴く上で私が最も重要視しているのは遮音性です。

これまで30種類以上試してきました(かなり散財しました)が、現段階で最も気に入っているのはカスタム・インイヤー・モニター(以下カスタムIEM)という種類のイヤホンです。
あまり耳にしない言葉だと思いますが歌手がテレビで歌う際、耳に付けているあれです。

元々プロのミュージシャンのために作られた物のためかなり高音質です。

カスタムIEMが何故遮音性が高いかというと、自分の耳型(インプレッションと言います)を取ってその型を元に手作りで精緻に調整されて、耳にぴったり合うように作られているからです。当然注文販売になります。
注文の流れは
・補聴器専門店でインプレッションの採取を行う
・インプレッションを持ってイヤホン店で注文
・イヤホン店から海外メーカーへ依頼し一つ一つ手作り
・2〜3週間程度で出来上がって送ってくる
となります。

手作りのため結構な価格となりますが、世界で1つの自分専用のイヤホンが出来上がります。
音が良いのは当然なのですが、これを付けると外音が殆ど聞こえなくなり、快適なリスニング環境が出来上がります。
外音が聞こえなくなるので小さい音で音楽を聴くことが出来て耳にもやさしいです。
いろいろと試行錯誤した結果たどり着いたカスタムIEM。高い買い物でしたが手にして良かったです。

車内で静寂の中高音質で音楽を聴きたい方がいらっしゃいましたらオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

SATO.M

データディレクター

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us
google+