das.の日常

5日間インターン体験記 デザインの仕事を丸ごと体験してもらう。

August 27, 2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年もご好評いただきましたインターンシップ、早いもので一年が経ち、今年もdas.インターンシップを希望してくれた学生さんたちがやってきました。

今年は東京オフィスでの様子をお伝えしたいと思います。

das.のインターンシップでは、ディレクター・デザイナーと一緒に課題に取り組んで頂き、デザイン制作の体験を通して私たちの会社のことを少しでも知ってもらうことを目的に行っています。

今回は、デザイン制作体験を一つの流れとして経験できるように考えられたカリキュラムを作り、より実践に近いかたちで体験してもらうことにしました。インターンの皆さんには、最終日に社員の前でプレゼンテーションを行ってもらいます。制作からプレゼンテーションまでの5日間はあっという間に感じると思います。それほどインターンシップの内容はとても濃いものになっています。

実際、インターンのみなさんがどんな経験ができたのか。
ご紹介していきたいと思います。

1.課題の説明

先ずは課題の説明から。今年は弊社でお仕事をさせて頂いている、

A.調剤薬局運営会社様 B.教科書協会様

が対象クライアントになりました。どちらか選んでもらい、それぞれの課題で進めてもらいました。以下はそれぞれの課題内容です。

A.調剤薬局運営会社様
ブランドロゴ制作。パッケージデザイン制作。

B.教科書協会様
「教科書」「教科書協会様」の認知度アップを目的としたプロモーションツール制作。

それぞれどんな提案をしてくるのかとても楽しみにしていました。

2.企画立案

課題内容を説明しつつ、先ずは提案するクライアントをよく知ってもらうためにリサーチから入ってもらいます。
そして自分が感じたことをを書きおこしていきます。それをもとに自由にアイデアを出し、自分の考えをディレクター・デザイナーに伝えます。さらにアドバイスをもらいながらどんどん企画を練っていきます。

3.デザイン作業

アイデアが固まってきたらデザインに落とし込みます。さまざまなアイデアをカタチにすることで、それがうまくまとまっているのか?もっと良いアイデアはないか?さらに考えて精度を上げていきます。
実際の案件なので、クライアントさんの気持ちなって考えてもらうことで、より実践に近いアドバイスをすることがき、インターン参加者のみなさんも真剣に考えて作業を行っていました。

4.デザイン・コピーライター講義

作業の合間に、デザイン・コピーライター講義を行いました。
デザイン講義は、実際にデザインを仕上がるためにはどういう視点で考えていけば良いのか。
デザイナーの実際の体験を元に、デザインプロセスや考え方を学んでいきます。コピーライター講義は、ただ文章をかくだけではない、プランニング能力からライティング能力を必要とするコピーライターの魅力を思う存分に語ってもらいました。
インターン参加者の皆さんは、講義はとてもためになったようで、とても目を輝かせて感想を述べていました。良い経験になったそうです。

5.スタジオ撮影体験

さらに、作業の合間にスタジオ撮影体験にも行ってもらいました。
撮影は弊社で良くお仕事をご一緒させて頂いている、「SCENE」様にご協力いただきました。

今回の撮影ディレクション体験は、ライティングの基礎を学んでもらうために、四角いパッケージの箱を用意し望んでもらいました。
照明の配置やライティングの関係性を学びながら、カメラマンに撮影イメージを伝えていきます。

カメラマンと一緒にイメージを作り上げていく行程には学生たちも多くの気づきと学びがあったようです。

6.プレゼンテーション

そしていよいよ弊社社員に向けてプレゼンテーションを行って頂きました。
普段は大学の学生や先生には発表していると思いますが、今回は弊社社員の前での発表です。
社員=クライアントといった設定で行いました。
インターン参加者さんは緊張のあまり、お昼ごはんも食べることができなかったそうです。
それでも時間ある限り練習をしてもらいました。

ちなみに参加できない人のためにライブ配信も行っています。外出先から観てくれる社員もいます。いざ!本番です。

実際は少し緊張していましたが、とても的確に自分の想いを伝えてくれたと思います。
私たち社員も時に真剣に、時に楽しく、提案内容を聞くことができました。

プレゼン後の質疑応答では少しホッとしたということもあり、笑顔が。

この短期間でうまくまとめてもらったと思います。
お疲れ様でした。

7.感想

この5日間は、学生さんと一緒に活動できたことはとても感慨深く、私自身も色々なことを学ぶことができました。皆さんそれぞれに将来のやりたいことをさらに深く考えるキッカケになったようで、そのお手伝いができたことは本当に嬉しかったです。

最後に、今回参加して下さったインターンの方から頂いた感想を紹介させて頂きます。

■この度はインターンシップに参加させて頂き、本当にありがとうございました。
チームで作業することや、それぞれがどんな役割を果たしているのかなど、
大学の中だけでは学ぶことが出来ないことを経験とともに知ることができ、大変勉強になりました。
新たな気づき、学び、感動したことなどはまだまだたくさんあります。
毎日活発に活動することができたのは、手厚いサポートをしていただいたおかげです。
今回のことを糧に、もっとデザインの勉強をして精進していきたいと思います。
5日間、本当にお世話になりました。

■このたびは、貴社のインターンシップに参加させていただき、誠にありがとうございました。
間近でデザイナーさんの仕事が見れたことが非常に嬉しかったです。
スタジオに行ってディレクションの体験ができたことなど、普段大学ではできない大変貴重な経験ができました。
貴社でインターンシップができて本当に良かったです。本当にありがとうございます。
インターンシップで学んだことを糧に、これからの就職活動に励んでいきたいと思っております。
ご多忙の中、ご指導いただき、本当にありがとうございました。

皆さんこの5日間、本当にお疲れ様でした。これからのご活躍を期待しています。頑張ってください!
いつかお仕事でお会いできることを楽しみにしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター紹介

IWASAKI.H

デザイナー

--

お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us