オーエムネットワーク株式会社 様 |

OMN/R-Shift ロゴマーク・プロモーションツール

セールスプロモーションブランディングWeb新潟

 

プロジェクトの概要

CI、コーポレートサイト、商品ロゴR-SHIFT、商品サイトR-SHIFT、リクルートサイト、パンフレットなどプロモーション全体のご提案をさせていただきました。

アプローチ

■全国的な展開を目指す中、OMNのあるべき姿を共に考える

オーエムネットワーク株式会社(OMN)様は、新潟に本社を置き、小売業やサービス業のお客様向けシステムをクラウドサービスで提供しています。店舗シフト管理システム「アールシフト(R-Shift)」をはじめとした問題解決型システムを通じ、現場で働くお客様が効率的に働ける環境を支えています。

OMN様とは、お付き合いのある広告代理店様からご紹介いただき、その後、何度かお仕事をさせていただく関係でした。本プロジェクト発足のきっかけは、OMN様の店舗シフト管理システム「アールシフト(R-Shift)」のリニューアルに伴い、Webサイトを一新したいというご相談をいただいたことでした。

お客様へのヒアリングやリニューアル前のサイトの分析から、全国のお客様に質の高いソリューションを提供することを目指すシステムでありながら、ビジュアルデザイン面での訴求において、どこかローカル色を拭いきれずにいる・・・というお客様の持つ課題感を共有。

さらに、効率的な働き方を支援するソリューション・システムを全国に提供する企業として、高い視座を持ち、企業のあるべき姿、見られ方全体をデザインしていくべきでは?という仮説をご提示。お客様も言葉にできていなかった潜在的かつ、より本質的な課題の解決に納得していただけたことで、R-Shiftサイトのリニューアルに加え、CIやコーポレートサイト、商品ロゴ、商品サイト等のデザインをトータルで実施。その後はリクルートサイトやパンフレットも制作いたしました。

青い斜線が印象的なCIに関しては、整理や調和(パターン化)をビジュアライズ化し、斜線はクラスタ(群れ)を、そこに隠れるように配置された「OMN」はハブとして機能するサービスを表現しています。また、CI・VIとしてビジネスを機能させ、「もの」や「こと」を最適化するサービスの象徴としてイメージをしました。



■企業の成長を実感できるプロジェクト

本当に良いと思っていただいたものに対しては、積極的に推進してくださる社長だからこそ「本当に必要なのか」、「なぜそう思っているのか」と、ご相談の本質を考え、デザインのプロとして根拠のある提案をさせていただきました。ブランディングの観点を持ち、企業全体のプロモーションをデザインすることにより、伝えたい相手への一貫性のある訴求が実現。その結果、システムへの問い合わせや売上高、従業員数も年々増加するなど、うれしい変化が起っています。

また、社内にはエンジニアの方々が多いことから、特に機能面での訴求に関する指摘をいただくことも多く、伝わるビジュアルデザインとのバランスに頭を悩ませながらの制作となりました。しかし、社員の皆様と試行錯誤を繰り返しながらプロジェクトを進めたことで、よりよいものをつくっていくパートナーとして並走することができました。現在では、社員一人ひとりのプロモーションやデザインに対する考え方も変化し、社員の皆様からプロモーション企画のアイデアが発信されるケースも出てきています。

Webサイトリニューアルのご相談をきっかけに、OMN様の潜在的なニーズを顕在化。1つひとつ、納得感のあるデザインで課題解決を行うなかで、お客様の成長や変化に携わることのできた本プロジェクトは、私たちにとっても、とても意義深いものになりました。本当に必要なことはなにか? 本質的な課題解決とは? これからも、問いや仮説を共有しながら、お客様との並走を続けていきます。

お客様
オーエムネットワーク株式会社 様
クレジット
DIRECTOR: IMAMURA.T/KATO.S/AKEMA.T
DESIGNER: KONDOH.N/HATTORI.N
MOVIE:TAKANO.J
TECHNICAL SUPPORT:INOUE.T / NAKAMURA.Y
ACCOUNT: AKATSUKA.R ※社外

Webサイトを見る

share
お気軽にお問い合わせください。
ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

メールマガジン登録
バックナンバーへ

最新の制作事例や季節のトピックス、デザイナーのつぶやきなど、das.ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

follow us